ご当地便り

ハイキングに行こう!

(2010.10.05)

隠岐で一番気持ちのいい季節になりました。天気のいい日はお弁当をもってハイキングに行きたくなります。隠岐の山は少し険しい道もありますが、ひ弱な私でも登ることができます。

 

大満寺山からの景色は絶景大満寺山からの景色は絶景

先日、さっそく隠岐諸島で最高峰の大満寺山(標高608m)に登ってきました!この日はお天気もよく、絶好のハイキング日和。頂上からは、島後の玄関口である西郷港が一望できるほか、黄金色に輝く田んぼが眼下に広がり、まさに絶景。「ヤッホ~♪」
また、自然に詳しいガイドさんと一緒に山の植物をじっくり観察しながら歩くと、楽しさも倍増します☆紅葉には少し早い時期でしたが、色んな秋の花や、木の実、キノコなんかを発見しました。

 白猫のシッポのような可愛い花「サラシナショウ」
白猫のシッポのような可愛い花
「サラシナショウマ」

なかでも、今回ひと際目をひいたのが「サラシナショウマ」というキンポウゲ科の花。まっ白な猫のシッポのようでとても可愛い花です。他にも、白い竜のような「アキノギンリュウソウ」や、全国でも多くの地域で絶滅危惧種に指定されている「ベニシュスラン」の蕾を見つけて大興奮!!隠岐の豊かで貴重な自然を自分の肌で感じることで、その偉大さ・尊さを改めて実感しました。

 

隠岐の植物は、暖かい土地の植物に混じって亜高山帯(隠岐の緯度では1000m以上高い場所)の植物や、寒い地域の植物などが混在しているという、とても不思議な植生をしています。また、植物の他にも隠岐独自の文化・歴史、さまざまな時代の痕跡が残る地質が評価され、昨年10月、日本ジオパークに認定されました。


ただ、残念ながら、海や山にゴミを捨てたり、貴重な生き物や植物を無断で採取したりする心ない人たちも中にはいます。世界ジオパーク登録をめざす今、みんなで力を合わせて隠岐の自然を守っていこうと決意を新たにした一日でした。

ライター:澤井 藍


日本酒の秋

(2010.10.05)

夕日に照らされる稲穂夕日に照らされる稲穂

稲穂が黄金色に色づき、稲刈りのシーズンまっただなか。なかでもお酒の仕込みに使う酒米は、普通の米より少し早目に収穫するそうで、今は「はでば」(=稲を干しておくところ)で天日に干されています。もっと寒くなってからお酒の仕込みがはじまります。そして、春には新酒ができます。


ですが、今は秋。秋のお酒と言えば・・・

「秋上がり 隠岐誉 ひやおろし」!

ひやおろし
秋上がり隠岐誉ひやおろし

「ひやおろし」って?という方のために、少し解説を。

春先にしぼられた新酒を加熱殺菌(火入れ)し、蔵に貯蔵します。そして、暑い夏の間はひんやりとした蔵で一休みしながら、じわじわと熟成を深めます。やがて涼しい秋風が吹き始めた頃に出荷が始まります。

普通のお酒は、出荷前に2度目の火入れをしますが、この「ひやおろし」は2度目の火入れをせず「冷や」のまま、貯蔵用の大桶から木樽に「卸(おろ)して」出荷したことから、「冷卸(ひやおろし)」と呼ばれるようになったとか。

秋の味覚にぴったりの芳醇な香りのお酒です♪秋は古くから収穫に感謝して秋祭りが行われ、人々は神々と“大地や海の恵み”を味わい、“酒”を酌み交わしたようです。


実は・・・・隠岐の人は大の日本酒好き!!隠岐の一人当たりの日本酒消費量は、全国のなかで消費量№1の新潟県をも超えたこともあるとか!?隠岐の人が「日本酒好き」なのは、大自然の恵みをもたらす神々への信仰心に由来するのかもしれません。


そんなお酒好きの隠岐には、昔、五つの酒蔵があり、それぞれ独自のお酒を造っていました。そして、昭和47年に五つの酒蔵が力を合わせて出来たのが「隠岐酒造㈱」さんです。今でも、五つの蔵の伝統を守りながら、隠岐酒造としての味や技術で新たな伝統「美味い酒」を造り続けています。先ほどご紹介した「隠岐誉 ひやおろし」も、もちろん隠岐酒造さんのお酒です!


隠岐の日本酒は淡麗ですっきりした飲み口。このお酒の味には「水」が深く関わっています。隠岐には環境庁(現・環境省)の日本名水百選に選ばれた水が2か所もあるほど、水が美味しい土地です。

 

隠岐の島の大部分は、火山が噴火して流れ出した溶岩=「火成岩」でできています。この地層を通って湧き出た水は、あまりミネラルを持たないので、“軟水”が生まれやすいと言われています。だから、「火成岩」という自然のフィルターを通って湧き出た隠岐の水は“軟水”。 この“軟水”でお酒をつくるとソフトな淡麗のお酒ができます。


ちょっぴり難しい話になってしまいましたが・・・・今、私たちが飲んでいる水、お酒になっている水は、大昔に降った雨や雪が大地にしみこみ、もっと大昔にできた岩や石にろ過されて湧き出た水です。隠岐のお酒には、大地の歴史が凝縮されているなんて浪漫を感じるなぁ~。みなさんも、ぜひご自身の舌で味わってみてください♪

ライター:澤井 藍


謎の穴 ~妖怪シリーズ 第2弾~

鬼太郎の後ろに謎の穴鬼太郎の後ろに謎の穴

(201010.05)
鬼太郎親子の後ろに見える穴。あれは妖怪トンネルです!隠岐から異次元空間を通って、境港に通じています。なんだか今にも吸い込まれそうでしょ?真夜中の草木も眠る丑三つ時になると、隠岐の妖怪たちはこのトンネルを通って、境港へ遊びに行っているそうです。いいなぁ~私も妖怪トンネルを通れたら、気軽に境港にいけるのに~なんて考えながら穴の中を覗き込んでいると・・・

んん?妖怪トンネルの先になにかいる?!?

あれは・・・○○○??(続く)

穴
穴の中には・・・!?

ライター:澤井 藍

観光に関するお問い合わせ先

  • 隠岐観光協会 08512-2-1577
▲このページのTOPへ

隠岐 ご当地便り トピックス

(2011.08.08)

No キンニャモニャ, No 海士ライフNEW

シャーラ船を海の彼方へNEW

隠岐の妖怪その九~さざえ鬼~NEW

(2011.07.20)

古を感じる夏の一夜

あご

隠岐の妖怪その九~アマビエ~

(2011.06.06)

隠岐の島ウルトラマラソン

ホタル飛び交う隠岐の島

隠岐の妖怪その八~セコ~

(2011.05.17)

御霊会風流

隠岐の妖怪その七~ちょうちんお化け~

(2011.04.04)

隠岐の島、春の花通信。

古の文化を伝える隠岐国分寺蓮華会舞

隠岐の妖怪その六~天吊るし~

(2011.03.04)

岩ガキは“海のチーズ”

春を告げる、隠岐いぐり凧

隠岐の妖怪その五~五体面~

(2011.02.03)

トコトコに乗ってドコイコ?~島前・海士町特集その1~

全国ご当地どんぶり選手権で大人気!寒シマメ漬け丼~島前・海士町特集その2~

海士の怪談?~島前・海士町特集その3~

(2011.01.07)

Soul Food隠岐そば

正月明けは、「今津のとんど」

隠岐の妖怪その四 琵琶ぼくぼくの巻

(2010.12.02)

冬の王様!
知られざるブランドガニ 『隠岐ガニ』

知夫村を歩こ~♪歩こ~♪

(2010.11.08)

激戦!ご当地グルメグランプリ☆

火の鳥と渓谷の宝石

隠岐の妖怪その三 かっぱの巻

(2010.10.05)

ハイキングに行こう!

日本酒の秋

謎の穴 ~妖怪シリーズ 第2弾~

(2010.09.01)

アキ・オキ~食オキの秋~

白イカが旬です♪

隠岐の港に鬼太郎親子とねずみ男があらわれた!